ホオズキカメムシ(酸漿亀虫)は害虫

ビーグル号の航海日誌 2013年11月30日 15:34

120624ホオズキカメムシ@エコカフェ.JPG小石川植物園内の森の林縁のシダの若葉に何やら動く物体。もちろん昆虫です。調べて分かったのですがホオズキカメムシらしいです。[2012年6月24日撮影:小石川植物園@山崎]

ホオズキカメムシ(酸漿亀虫、学名:Acanthocoris sordidus (Thunberg))はカメムシ目ヘリカメムシ科の草食性の亀虫。分布は本州、四国、九州、南西諸島、国外では台湾、朝鮮半島、に及び、平地や海岸の雑草や畑など食草のある場所に生息。体長は10oから13oほど、体色は灰黒褐色で光沢がなく、細かな微毛が密生。胸部の前縁に細かい鋸歯状のぎざぎざがあり、後脚の腿節は太い。出現時期は5月から6月頃と8月、食性は草食性でアサガオ、ヒルガオ、サツマイモなどのヒルガオ科やホオズキ、トウガラシ、シシトウなどのナス科のほかサトウキビなどを食します。成虫で越冬します。

ヒルガオ科やナス科など多くの種類からなる野菜を食することから厄介者の害虫として嫌われています。ただし、クサギカメムシなど多くのカメムシが臭いのにホオズキカメムシは臭くはないですよ。


関連記事(セアカツノカメムシ(背赤角亀虫)は鋏持ち)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/81742069
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ