ハハジマホザキラン(母島穂咲蘭)はひっそり

ビーグル号の航海日誌 2013年11月28日 21:05

120624ハハジマホザキラン@エコカフェ.JPG東京大学附属小石川植物園の温室で大切に保護展示されているハハジマホザキラン。小笠原諸島の比較的湿潤な森には地上性や樹上生のランの仲間が自生しています。そのほとんどが独自に進化・分化した小笠原固有種ですが、森林ができてからの移入のため種内多様性は低いと考えられます。[2012年6月24日撮影:小石川植物園@山崎]

ハハジマホザキラン(母島穂咲蘭、学名:Malaxis hahajimensis S.Kobayashi)はラン科ヤチラン属の地上性の常緑多年草。小笠原固有種で絶滅危惧TB類。分布は母島に限り、標高300mから400mの湿潤な岩場やヒメツバキ−モクタチバナ群落、モクタチバナ−シマシャリンバイ群落の林床半陰地に自生。草丈は20pから30cmほど、偽鱗茎の基部は横走し、全株無毛、葉は薄い肉質で3枚から5枚ほど、葉身は卵状長楕円形から広楕円形、葉先は尖ります。花期は10月から11月頃、総状花序を伸ばし、疎に20個から30個の花を咲かせます。唇弁は紫色で中央に1溝のある舟形、萼片と側被片は淡緑色で反り返ります。果実は楕円状の刮ハです。

この属には世界で約300種、日本ではハハジマホザキランの他に父島の森に自生するシマホザキランやヤチラン、ホザキイチヨウラン、ホザキヒメラン、イリオモテヒメラン、カンダヒメラン、オキナワヒメランの8種が知られています。


関連記事(小笠原諸島の貴重な湿性高木林)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/81617678
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ