小さな明月院の物語り

ビーグル号の航海日誌 2013年11月25日 23:59

111119明月院参道@エコカフェ.JPG111119明月院方丈@エコカフェ.JPG氷雨に濡れる明月院、臨済宗建長寺派寺院で山号を福源山、あじさい寺としても知られます。1380年(康暦2年)の禅興寺中興の命を足利氏満から受けた上杉憲方が創建・開基、開山を密室守厳、本尊は聖観音という。[2011年11月19日撮影:第11回自然観察会@阿部]

111119北条時頼公墓所@エコカフェ.JPG明月院には前身としての明月庵が伝えられ、平治の乱で敗れた山内首藤俊通の菩提供養として1160年(永暦元年)に建てられたそうです。関東十刹にまで数えられた禅興寺も明治初期に廃寺となり、塔頭であった明月院のみが残り今日に至ります。北条から眺める庭園も風情があって素晴らしい。境内には北条時頼公の墓所があり、立派な宝篋印塔が存在感を伴って建ち、境内奥には岸壁を掘りぬいた「明月院やぐら」には上杉憲方墓(宝篋印塔)などが安置されています。

雨模様だったせいか訪れる人は少なく、この小さな寺にまつわる栄枯盛衰の物語を想像するにはちょうどよかったような気がします。


関連記事(明月院でナンテン(南天)を)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


◎明月院庭園111119庭園@エコカフェ.JPG111119庭園@エコカフェ.JPG








◎明月院やぐら・上杉憲方墓(宝篋印塔)111119明月院やぐら@エコカフェ.JPG111119明月院やぐら看板@エコカフェ.JPG







posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/81378670
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ