雨に洗われる銭洗弁財天宇賀福神社

ビーグル号の航海日誌 2013年11月25日 21:08

111119宇賀福神社@エコカフェ.JPG111119銭洗弁財天入口@エコカフェ.JPGひどい雨だったことを思い出す。鎌倉を訪れた時のこと、北鎌倉駅に降り立った時は本降りではなかったので迷わず決行。ところが浄智寺に差しかかる頃から本降りに、山間に入るといよいよ足元に雨水が勢いよく流れるほどの土砂降りとなってしまった。銭洗弁財天に着く頃にはずぶ濡れになってしまった。[2011年11月19日撮影:第11回自然観察会@阿部]

111119宇賀福神社境内@エコカフェ.JPG巳の年の1185年(文治元年)の巳の月の巳の日の巳の刻に、戦乱の世を治め、天下泰平を願う源頼朝の夢見に宇賀福神からのお告げがあった。お告げに従い西北の仙境、佐助ヶ谷の岸壁に湧く霊水を見つけ、洞を掘り、社を建て、宇賀福神を祀ったという。これが宇賀神社の始まり。また、巳の年の1257年(正嘉元年)に北条時頼が霊水で銭を洗って一族の繁栄を願ったのが銭洗の始まりという。これが習合して銭洗弁財天宇賀福神社として親しまれたそうだ。明治の神仏分離令により、祭神を市杵島姫命とし今日に至るそうです。

岸壁に開けられた隧道を抜けると鳥居をくぐり、本宮に市杵島姫命、奥宮(洞窟)に銭洗水が湧き弁財天が祀られ、境内には上之水神社、下之水神社、七福神社も鎮座します。


関連記事(土砂降りの中で山路杜鵑草を)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


◎銭洗弁財天宇賀福神社境内の下之水神宮と七福神社111119下之水神宮@エコカフェ.JPG111119七福神@エコカフェ.JPG








◎奉納鳥居と奥宮の灯明111119奥宮の灯明@エコカフェ.JPG111119奉納鳥居@エコカフェ.JPG

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/81365966
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ