大コ寺と一休和尚

ビーグル号の航海日誌 2013年11月20日 23:32

大徳寺興臨院_n.jpg京都洛北紫野にある大コ寺、臨済宗大コ寺派総本山。創建は1325年(正中2年)、開基は大燈国師宗法妙超、本尊は釈迦如来です。桃山時代に武将たちが建てた塔頭の数は20を超え、どれも洗練された美しい枯山水庭園を伝えています。興臨院は畠山義総の建立。貴族、大名、豪商、文化人など多くの庇護や指示を受けて栄えたが、応仁の乱(1467年から77年)により荒廃。これを一休和尚が再興したという。[2013年11月7日:京都洛北@青柳]

大徳寺塔頭_n.jpg塔頭 総見院 信長公のお墓_n.jpg大徳寺の隆盛も後醍醐天皇没後、足利幕府下では京都五山から外されたため座禅修業に専心していったという。臨済宗の寺格には五山十刹とある。鎌倉・室町時代には幕府・公家の氏寺五か所を選ぶ献策があり、建長寺、円覚寺、寿福寺、浄智寺、浄妙寺を鎌倉五山と定めた。また、南禅寺を五山の上に置き、天竜寺、相国寺、建仁寺、東福寺、万寿寺を京都五山とした。五山では文学・学問が盛んであったという。中国の風水思想にある五感、五体、五臓をはじめ多くの物や事柄が五行(木、火、水、土、金)の5要素で成り立つということに由来するそうです。なお、京都十刹として等持寺、臨川寺、真如寺、安国寺、宝幢寺、普門寺、広覚寺、妙光寺、大徳寺、龍翔寺が定められたという。

室町・江戸時代を通じて、一休和尚、沢庵和尚をはじめ多くの名僧を輩出し座禅修業に専心。茶の湯の世界とも縁が深く、千利休、小堀遠州などの茶人とも関係が深かったため、今日まで多くの茶道具や茶室、絵画などの文化財が残されています。


関連記事(石垣島川平観音堂は古を今に)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/81025605
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ