聖徳太子ゆかりの橘寺

ビーグル号の航海日誌 2013年11月19日 22:35

橘寺@エコカフェn.jpg今日ではのどかな田園風景が広がる明日香村、そこには聖徳太子ゆかりの橘寺がある。寺伝によると聖徳太子(厩戸皇子)出生の地であるらしい。橘寺は正式名称を仏頭山上宮皇院菩提寺、天台宗寺院。寺伝によると606年(推古14年)に創建、開基は聖徳太子。天平時代から平安中期にかけて隆盛を極め、本尊を聖徳太子・如意輪観音とする。

聖徳太子といえば飛鳥時代を代表する人物のひとり、574年(敏達3年)に誕生、地政学的緊張状態にあった我が国を救うため、遣隋使を派遣して大陸の文化・制度を移入し、冠位十二階や十七条憲法を制定し、中央集権国家の確立を目指し、仏教の興隆に大きく貢献することで、その事態を打開していったと考えられる。その実在の真意は揺らいでいますが。

橘寺の名前の由来は、垂仁天皇の命により不老不死の果実を探しに行った田道間守が持ち帰った橘の実を植えたことにあるという。発掘調査では山田寺式伽藍配置、鎌倉時代以降衰え今に、境内には善悪2つの顔が刻まれた二面石や3つの副柱の穴をもつ五重塔の塔心礎石ばかりが残っています。


関連記事(忘年交流会を前に法隆寺を回想)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/80963344
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ