須佐神社はシンボル的

ビーグル号の航海日誌 2013年11月18日 02:15

須佐神社@山口香林_n.jpgヤマタノオロチの神話に須佐之男命は英雄として登場。「スサ」とは「荒れる」や「洲砂=砂鉄」を意味するとも、この神様の性格を象徴しているように思われます。

須佐神社は淳和天皇の天長年間(824年から834年)に現在の地に遷祀、もとは宮尾山山麓にあったという。主祭神は須佐之男命(素戔嗚尊とも)、妻の稲田比売命、その両親の足摩槌命、手摩槌命を配祀。須佐之男命は乱暴な行為により、姉天照大御神が岩戸にこもり、高天原を追放されて出雲鳥髪山(現、船通山)に降り立ち、八岐大蛇を退治。国荒神的性格をもち疫神でもあることから、後に仏教における祇園精舎の守護神牛頭天王と習合していったと考えられています。

末社に、天照社(天照大御神)、東西社(祭神は天忍穂耳命、天穂日命、天津彦根命、活津彦根命、熊野樟日命、市杵嶋姫命、田心姫命、湍津姫命)、三穂社(祭神は三穂津比売命と事代主命)、稲荷社(祭神は稲倉魂命)、随神門(祭神は豊磐間戸神、櫛磐間戸神)を擁し、なかなかです。


関連記事(宵の銀ぶら一丁目の回顧)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/80823739
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ