宵に佇む南極観測船「SIRASE」へ

船長からのお知らせ 2013年11月15日 22:19

131115夜のしらせ@エコカフェ.JPG南極観測船「しらせ」は鉄船、寒空の下、人気のない船内に灯した灯りはほんのり温かさを注いで入るもののやはり船内は底冷えがする。しばらくぶりの船内視察、SIRASEプロジェクトの三枝さんは南極観測隊に2度も参加しているという。五象、五季、五感をコンセプトに「我超えて必ず果たせ全球の気象革命どこまでも」だそうです。艦長部屋には石橋博良さんの遺墨が掛けられています。石橋さんはエコカフェの発起人であり、長く運営評価委員もされていました。

131115石橋さん遺墨@エコカフェ.JPG五象:気象、水象、地象、海象、宙象
五季:春、梅雨、夏、秋、冬
五感:視覚,聴覚,味覚,嗅覚,触覚

地球温暖化による影響とされる海水温度の上昇に伴う巨大台風の発生、大気中の水分量が増えたため陸域でも局地的な嵐が頻繁に発生するようになっています。SIRASEが与えられた今日的ミッションの大きさにどのように挑戦していくのだろうか。エコカフェの目指す自然と私たちの共生における子どもたちの学びの世界観とどのように連携できるのだろうか。夜はふける。


関連記事(永遠の旅立ちを)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/80758461
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ