高山植物の魅力(105)/タテヤマリンドウ(立山竜胆)

ビーグル号の航海日誌 2013年10月29日 22:42

130706タテヤマリンドウ@エコカフェ.JPG北アルプス白馬三山の前衝山にあたる小日向山(標高1907m)は高山植物の宝庫でもあります。ここでは登山道脇の草地で隠れるように花を咲かせていたタテヤマリンドウを紹介します。実際に林道脇で見られたのは残念ながら1か所のみでした。[2013年7月12日撮影:第16回自然観察会@阿部]

タテヤマリンドウ(立山竜胆、学名:Gentiana thunbergii (G. Don) Griseb. var. minor Maxim.)はリンドウ目リンドウ科リンドウ属の越年草。ハルリンドウの高山型変種。130706タテヤマリンドウ花@エコカフェ.JPG分布は北海道、本州中部地方以北日本海側に及び、亜高山から高山の湿原やその周辺などに自生。草丈は10pほど、茎は束生、根生葉はロゼット状で葉身1pから3pほどの卵形から広卵形、茎葉は対生し葉身7oほどの披針形で茎に寄り添います。花期は6月から8月頃、茎の頂端に上向きに1個の淡青紫色の花を咲かせます。花は漏斗状で花冠は長さ約1、2p、先は5裂。晴れた日のみ開花します。

花の色が白色のものをシロバナタテヤマリンドウ(学名:Gentiana thunbergii var. minor f. ochroleuca )というそうです。また、近縁種にはハルリンドウ、フデリンドウ、コケリンドウ、ミヤマリンドウが知られます。


関連記事(高山植物の魅力(99)/キジムシロ(雉莚))⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/79450423
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ