ヤマトアザミテントウ(大和薊天道虫)は山地に

ビーグル号の航海日誌 2013年10月13日 18:42

130720ヤマトアザミテントウ@エコカフェ.JPG秩父山塊の南東端に位置する棒ノ折山(標高969m)へ向かう白谷コースの林縁のヤブマオの葉についていたテントウムシ。オオニジュウヤホシテントウかなと思っていたのだが、今回調べてみると星の付き方からヤマトアザミテントウのようです。[2013年7月20日撮影:棒ノ折山視察@阿部]

ヤマトアザミテントウ(大和薊天道虫、学名:Epilachna miponica Lewis)はカブトムシ亜目テントウムシ科マダラテントウムシ亜科マダラテントウ族の草食系の天道虫。130720ヤマトアザミテントウ拡大@エコカフェ .JPG日本固有種。分布は北海道南部、本州に及び、山地の食草のある林縁や草原などに生息。成虫の体長は5.5mmから8.5mmほど、赤橙色地に黒班がシンメトリーに入り、上翅会合部前半の黒紋2個は左右が融合してより大きな一紋となります。出現時期は4月から9月頃、幼虫、成虫とも草食性でアザミ類を食します。越冬は成虫で冬眠するという。

似ているオオニジュウヤホシテントウ(大二十八星天道虫)は黒紋がやや小さく、融合することもないようです。ヤマトアザミテントウのなかにもジャガイモなどのナス科植物を食べるものがいるなど交雑の可能性があるようです。


関連記事(オオニジュウヤホシテントウ(大二十八星天道虫)とは )⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/78115505
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ