ビョウタケ(鋲茸)は腐生菌

ビーグル号の航海日誌 2013年10月04日 23:27

071013ビョウタケ@エコカフェ(白神山地).JPG白神山地の奥深い森では新陳代謝があってところどころで倒木が見られます。そんな倒木にはキノコの仲間やコケが着生したりしているものです。ビョウタケもそんなひとつです。[2007年10月12日撮影:白神山地エコツアー@阿部]

ビョウタケ(鋲茸、学名:Bisporella citrina (Batsch.) Korf et.al)はビョウタケ目ビョウタケ科ビョウタケ属の腐生菌。子実体は径3mm以下とごく小さく、短い柄の先に円形で平滑、橙黄色の子蓑盤がつきます。子蓑盤は時間経過とともに色が薄くなり、縁が巻き上がります。発生は夏から秋にかけて、朽ち木上に集団で発生することが多い。胞子の14×4μmほどの狭楕円形です。

この仲間で極めて似ているモエギビョウタケ(萌葱鋲茸)は、子実体の黄色みがより強く胞子が小形だそうです。もしかしたらモエギビョウタケかもしれませんね。


関連記事(ホシゴケの仲間は熱帯・亜熱帯産)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/77419151
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ