石垣島川平観音堂は古を今に

ビーグル号の航海日誌 2013年09月26日 05:37

川平観音堂@エコカフェ.JPG石垣島の観光名所川平湾を見下ろす小高い丘の上に17世紀建立といわれる古いお堂がある。
お堂のある川平村は八重山でも歴史が古い村であって、川平湾はかつて琉球王府への貢納物を集積する三大港のひとつであったそうだ。

なぜお堂があるのかを伝承が伝えている。案内板には「川平湾にマーラン船が順風を待って停泊していた。その船から小僧が順風になるまでと川平村へ上陸した。川平観音堂@エコカフェ(石垣島).JPG川平観音堂@エコカフェ (2).JPGしばらくして戻るとマーラン船はすでに出航し、遥か沖を帆走している。小僧は驚き嘆き船が川平湾に戻るよう神仏に一心に祈った。小僧の熱願は天に通じ、北風が吹き船は戻って来て乗船することができ、無事用件をはたした。数年後、小僧は和尚となって帰島し、自分が祈願した地に観音堂を建て祀った。」とある。平板な説明で面白くはない。恐らく用件がとても大切であって、小僧は平川湾の美しさに心癒されることを知り、己の人びとを救う神行の境地と重ね合わせたのであろう。用件とは神行そのものであったと考えるのがよいと思う。

今日でも多くの人びとが、安全祈願、大願成就祈願、無病息災、縁結びの祈願のため参拝に訪れているそうです。御嶽を聖地とし信仰の中心とする八重山・琉球にあって、観音信仰が残っているのは興味深いですね。


関連記事(パワースポット、斎場御嶽)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
興味深いですな。まったくに。
Posted by 素浪人 at 2014年02月08日 17:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/76583605
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ