クサコアカソ(草小赤麻)の摩訶不思議

ビーグル号の航海日誌 2013年09月25日 21:56

120927クサコアカソ果実@エコカフェ.JPGこの季節は晴天に恵まれることも多く絶好の登山シーズン。夏山や紅葉狩りほどの賑わいはないが、静かな山行を楽しむことができます。瑞牆山や金峰山、鳳凰三山、千丈岳、北岳などの花崗岩からなる山肌は真っ白で無心を誘います。ここでは瑞牆山山頂でみたクサコアカソを紹介します。別名はマルバアカソ。誰かが種を運んできたものでしょうか。[2012年9月27日撮影:瑞牆山@山崎]

クサコアカソ(草小赤麻、Boehmeria tricuspis (Hance) Makino var. unicuspis Makino)はイラクサ科カラムシ属の多年草。120927クサコアカソ@エコカフェ.JPG分布は本州、四国、九州、国外では中国大陸に及び、やや湿った山野、国内では内陸から太平洋側の山地を中心に藪や道端などに自生。草丈は50pから80pほど、茎も葉柄も赤く、葉は対生し葉脈が目立ち、葉身5pから10pほどの卵形から卵状楕円形、葉縁に9対以上の粗鋸歯、葉先は尾状に鋭く尖ります。花期は7月から9月頃、雌雄異花、上部葉脇には穂状の雌花序を伸ばし無数の白い雌蕊柱頭が目立ち、下部葉脇には穂状の雄花序を伸ばし黄色白色の花被片と雄蕊4本がたくさんの小花がつきます。果実は径約4oで球状に集まってつきます。

この仲間で茎が赤くなるものに、木本で西日本に多い低木のコアカソ、草本で日本海側に多い葉先が3裂するアカソがあります。カラムシ属の植物は、古来より、茎を蒸して皮を剥ぎ、繊維を採取し、織った布が上布です。今日でも越後(越後上布・小千谷縮布)、宮古(宮古上布)や石垣(八重山上布)が知られます。


関連記事(メヤブマオ(姫藪苧麻)は多兄弟)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/76562785
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ