オオトラノオゴケ(大虎尾苔)は広域に

ビーグル号の航海日誌 2013年09月16日 17:35

110723オオトラノオゴケ@エコカフェ(芦生研究林).JPG京都大学フィールド科学教育研究センター附属芦生研究林は由良川源流域の自然豊かな森です。京都大学主催「芦生公開講座」が開催、エコカフェは後援しています。源流域谷筋では多様な蘚苔類が観察できますが、ここでは岩上に着生するオオトラノオゴケを紹介します。[2011年7月23日撮影:芦生公開講座2011@山崎]

オオトラノオゴケ(大虎尾苔、学名:Thamnobryum subseriatum (Mitt. ex Sande Lac.) B. C. Tan)はヒラゴケ科(オオトラノオゴケ科と独立)オオトラノオゴケ属の大型の蘚類。分布は日本、南千島、サハリン、ロシア、中国、東南アジア、インド、ヒマラヤに広く、谷間や沢筋の岩上に着生。110723枡上谷@エコカフェ.JPG草丈は5cmから10cmほど、二次茎は立ち上がり、上部で分枝。乾燥すると枝を巻き込むように軽く縮れます。茎葉は葉身1,2mmほどの仁藤g辺三角形、枝葉は平滑で枝に平たくつき、葉身3mmほど卵形か長卵形で枝中央部が大きいという。葉には1本中肋があります。胞子体は上部の枝の途中に複数付き、柄2pほどで赤褐色、凾ヘ斜上し、蓋に長い嘴がつきます。

ヒラゴケ科には日本産10属約30種、セイナンヒラゴオケ、トサヒラゴケ、ヤマトヒラゴケ、エゾヒラゴケ、キブリハネゴケ、広域種のリボンゴケ、キダチヒラゴケなどが知られています。


関連記事(ナゴケ(蝦夷砂苔)が足元に)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/75810250
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ