カギカモジゴケ(鈎髢苔)は緻密な絨毯を

ビーグル号の航海日誌 2013年09月15日 23:02

130908カギカモジゴケ@エコカフェ(檜枝岐村).JPG「燧裏林道」を散策中に林縁の樹幹上で綺麗な黄緑色の芝のようなマットを見つけました。近づいてみると胞子体がすーっと伸びて、茶色の凾ェ真っすぐに上を見上げています。調べてみるとどうもカギカモジゴケのようです。[2013年9月8日撮影:桧枝岐歌舞伎視察@山崎]

カギカモジゴケ(鈎髢苔、学名:Dicranum hamulosum Mitt.)はシッポゴケ科シッポゴケ属の小型の蘚類。分布は日本、中国、極東ロシアに及び、亜高山帯から高山帯の木の幹の上に生えます。草丈は2.5cmほど、茎は密生し時に分枝、葉は鈍黄緑色で柔らかくやや光沢があって、葉身は7mmほどの線状披針形、中肋上部背面にパピラが密につくという。葉は乾くと強く鎌形に巻縮するのが特徴です雌雄異株胞子体は直立し、先に凾熬シ立します。胞子は淡黄色で径約22㎛と小さいです。

名前の由来は姿が「添髪」を意味する「カモジ」に似ていること、乾燥すると鉤形になることにあるのでしょう。北八ヶ岳白駒池のある森は、屋久島の森と同じくらい地表から樹上、岩上までモスグリーンの美しい「もののけの森」ですが、そこではカギカモジゴケのマット状の群落が多く見られるそうです。エコカフェでもぜひ自然観察会で訪ねてみたいと思います。


関連記事(ヤクシマホウオウゴケ(屋久島鳳凰苔)は何故に)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/75759348
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ