ツルアジサイ(蔓紫陽花)は僅かに

ビーグル号の航海日誌 2013年09月14日 14:55

130908ツルアジサイ@エコカフェ(桧枝岐村).JPG檜枝岐村「御池ロッジ」から尾瀬ヶ原に伸びる燧裏林道を御池田代から姫田代に向かう。このコースはブナ帯の樹林の中を進むので気持ちがよい。途中、林縁でガマズミが赤い実を、オオカメノキが黒い実をつけたいたり、ツルアジサイが僅かに花をつけていました。ここではツルアジサイを紹介します。別名にゴトウヅル、花言葉は「強い愛情」だそうです。[2013年9月8日撮影:檜枝岐歌舞伎視察@山崎]

130908燧裏林道@エコカフェ .JPGツルアジサイ(蔓紫陽花、学名:Hydrangea petiolaris Siebold & Zucc.)はユキノシタ科アジサイ属アジサイ節ツルアジサイ亜節のつる性落葉樹。分布は北海道、本州、四国、九州、南千島、朝鮮半島南部、樺太に及び、ブナ帯上部の山地の岩崖や林縁などの自生。樹高は10mから20mほど、古樹皮は縦裂に剥離、若枝は赤褐色、幹や枝から気根を出し高木や岩崖に付着・絡み這い上がります。葉は対生で有柄、葉身は5cmから12cmほどの広楕円形、葉縁に鋸歯、葉先はやや尖ります。葉両面の脈に沿って短毛が生えます。花期は6月から8月頃、枝先に花序をだし、中心に両性花、周囲に花弁状の萼片4枚からなる装飾花がつきます。果実は刮ハです。

似たものに分布域を同じくするイワガラミがあり、装飾花が萼片1枚、葉縁に粗鋸歯がつくことで区別できるそうです。京都と福井、滋賀の県境に位置する芦生原生林にツルアジサイの古木があったのを思い出します。


関連記事(タマアジサイ(玉紫陽花)の咲く頃に)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


◎京都大学フィールド科学教育研究センター附属芦生研究林の森で拾ったツルアジサイの花序[2011年7月23日撮影:芦生公開講座2011@阿部]
110722ツルアジサイも一緒に倒木@エコカフェ芦生公開講座 164.jpg110722ツルアジサイ花序@エコカフェ芦生公開講座 163.jpg

 嵐のため一緒に倒木したようです。

 2013.9.16追記


◎奥鬼怒温泉郷日光沢温泉から鬼怒沼へ向かう登山道脇でみた這い上るツルアジサイ[2012年7月8日撮影:奥鬼怒視察@山崎]
120708ツルアジサイ@エコカフェ.JPG120708ノシ滝2@エコカフェ.JPG
 葉縁の鋸歯が細かいですね。

 2014.6.29追記



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/75657670
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ