ふ化観察用のふ化箱への卵移植を

⇒こどもたちと 2013年09月13日 04:25

130704ふ化箱@エコカフェ(小笠原).JPG2013年度7月のアオウミガメレポートです。小笠原諸島父島での小笠原海洋センターとの協働の小笠原小学校の5年生の総合学習も9年目です。5年生、総勢22人は元気いっぱいに生きた学びを行っています。今回はアオウミガメのふ化観察用のふ化箱に卵を移植する作業です。夏休み前、最後の総合学習です。[7月詳細レポートはこちら⇒

7月4日:ふ化箱の設置130704孵化箱移植作業@エコカフェ(小笠原).JPG

小笠原小学校の玄関に設置、誰もが観察できるようにしました。子どもたちの興味、関心は尽きません。否、子どもたちだけではなく大人たちにとっても興味深いことには変わりがないのです。生命の神秘が繰り広げられる瞬間に立ち会うことができるのですから....。


関連記事(産卵調査や夜の砂浜パトロールを)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/74791591
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ