尾瀬書美術館「思郷館」に想う

ビーグル号の航海日誌 2013年09月08日 21:30

続いて、ミニ尾瀬公園内の尾瀬書美術館「思郷館」に展示されている二本松生まれの書人・丹治思郷氏の作品を鑑賞させていただいた。
130907思郷館@エコカフェ(桧枝岐村).JPG130907丹治思郷@エコカフェ(桧枝岐村).JPG思郷氏は、檜枝岐の自然と人びとを深く深く愛してやまないという。

この地は、晩秋から真冬は「静」、春から盛夏は「動」が自然つまり人びとの暮らしを支配する。
春から夏にかけて山野は新緑に芽ぶき、色とりどりの花を咲かせ、果実を実らす。
どれもが多くの小さな命を育み、さらに大きな命の連鎖を促す。
厳冬は半端なく、深い雪に閉ざされて、なお人びとは自然とともに素直に生きる。
木々は雪の重さに耐え変幻自在に姿を変え、なお必死に生命をつなぐ。


思郷氏の書体はそんな自然そのもののような気がする。
一度は訪ねられることを薦めたい。

その時は公園内の高山植物や湿生植物を観察できなかったことを心残りと思ってしまったのだが、後の「檜枝岐歌舞伎」鑑賞の伏線になっていたことに気づかされることに....。
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/74393769
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ