トウゴクシダ(東谷羊歯)は無性生殖を

ビーグル号の航海日誌 2013年09月05日 21:46

110611トウゴクシダ@エコカフェ.JPG国立博物館附属筑波実験植物園(つくば植物園)のシダ植物コレクションからトウゴクシダを紹介します。名前の由来は尾張東谷山で発見されたことにあるそうです。シダ植物は地球上に出現してから4億2千万年を生き抜く中で相当に多様化も進んでいます。[2011年6月11日撮影:第46回草花教室@山崎]

トウゴクシダ(東谷羊歯、学名:Dryopteris nipponensis Koidz.)はオシダ科オシダ属の常緑シダ植物。日本固有種。分布は本州、四国、九州に及び、人里から山地の林下などに自生。草丈は50pから100pほど、根茎は短く斜上し塊状、葉は叢生し紙質で光沢、葉柄基部に黒褐色で線状披針形の鱗片がつき、葉身は広卵形の2回羽状複葉、先端は急に狭まり尾状になります。最下部の羽片が最も長く、小羽片は卵状長楕円形で浅裂から深裂します。胞子蓑群(ソーラス)は円盤形の包膜に覆われ、小羽片の中肋と片縁の中間につくという。3倍体無融合生殖(無性生殖)でも増えます。

近縁種にはベニシダ、 オオベニシダ、ハチジョウベニシダ、 マルバベニシダ、 タカサゴシダ、 サイゴクベニシダ、ヌカイタチシダマガイが知られます。特に、同じような場所に自生するベニシダとは見間違えないように注意が必要です。


関連記事(タニヘゴ(谷桫欏)は強靭)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


◎千葉市大草谷津田の雑木林縁で見かけた胞子嚢群をつけるトウゴクシダ[2014年3月16日撮影:第19回自然観察会@山崎]
140316トウゴクシダ@エコカフェ.JPG140316トウゴクシダのソーラス@エコカフェ.JPG
 2014.3.30追記






◎高尾山の日影沢から1号路にでる途中の「いろはの森」の林縁でみたトウゴクシダ[2011年2月26日撮影:第8回自然観察会@山崎]
110226トウゴクシダ@エコカフェ.JPG110226トウゴクシダ胞子のう群@エコカフェ.JPG
 2014.9.7追記






高山不動尊から関八州見晴台への山中登山道脇の林下でみたトウゴクシダ[2011年2月6日撮影:関八州見晴台予備調査@山崎]
110206道標@エコカフェ.JPG110206トウゴクシダ@エコカフェ.JPG
 2014.9.15追記






posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/74165832
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ