スジクロハギ(筋黒剥)はわが物顔で

ビーグル号の航海日誌 2013年09月03日 22:12

080621スジクロハギ@エコカフェ(南島).jpg小笠原の海、その蒼さはボニンブルーと言われる。父島や母島の周辺には石灰岩が溶け込んでいるためやや乳白な優しさが加わっています。父島二見港にもサンゴが広がり、熱帯性の綺麗な魚たちが泳いでします。ここでは小笠原諸島でよく見られるスジクロハギを紹介します。[2008年6月19日撮影:地球温暖化最前線!小笠原エコツアー@虻川伸也]

スジクロハギ(筋黒剥、学名:Acanthurus leucopareius (Jenkins, 1903))は スズキ目ニザダイ科クロハギ属の海水魚。080621スジクロハギ@エコカフェ(南島) (2).jpg分布は和歌山県以南、四国、南西諸島、八丈島、小笠原諸島、国外ではハワイ諸島、マーカス島、イースター島、マリアナ諸島に広く、岩礁域や珊瑚群落に生息。全長は20cmから50pほど、体色は灰褐色、眼の後ろに白と黒の縦縞が並び、尾鰭の付け根に淡白色斑が入ります。草食性で藻類を食します。

群れをなしていることが多く、人を余り恐れず、群れ全体が人を避けることなく悠然とわが物顔で通過していきます。小笠原諸島の生き物は鳥も魚も人を恐れることがない、不思議な体験をすることができるでしょう


関連記事(パイプウニは夜行性)⇒人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/74019302
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ