ススキ原で植林した苗木探し

⇒森林づくり+α 2013年09月01日 08:45

130831どこに植えたかな@エコカフェ(三宅島).JPGハチジョウススキはパイオニア植物、荒地に積極的に進出してきます。
火山噴火に伴う溶岩原やスコリアの礫地は痩せていて、ハチジョウススキをはじめハチジョウイタドリオオバヤシャブシなど空気中の窒素を固定することができる菌根菌を伴う植物が真っ先に進出することができるのです。
それにしてもススキの勢いは抜きんでいて、春に植えた苗を全て飲み込んでいます。
ススキ原に道を造りながら苗木の救済作業を続けます。出逢うとほっと一息、周囲1mを円形に刈り取ってあげます。すくすく育ってほしい、と願いを込めながら。130831まずは探すことに@エコカフェ(三宅島).JPG130831芒原に道ができる@エコカフェ(三宅島).JPG
三宅島を雲が被って作業日和かと、いやいや強い日差しがなくとも湿度が高く汗だくになりながらの救済活動でした。
みなさん、お疲れ様でした。


関連記事(第7回みんなの森づくりin三宅島)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/73804293
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ