サイゴクベニシダ(西国紅羊歯)

ビーグル号の航海日誌 2013年08月30日 08:10

110611サイゴクベニシダ@エコカフェ.JPG国立科学博物館・筑波実験植物園(つくば植物園)のシダ植物コレクションからサイゴクベニシダを紹介します。[平成2011年6月11日撮影:第46回草花教室@山崎]

サイゴクベニシダ(西国紅羊歯、学名:Dryopteris championii (Benth.) C. Chr. ex Ching)はオシダ科オシダ属の常緑性シダ植物。分布は本州(宮城県、新潟県、関東地方以西)、四国、九州に及び、低山や丘陵、里山の林床の乾いた場所などに自生。草丈は低く、根茎は塊状で小さく、葉は叢生し科和室で厚く光沢があります。葉柄は20pから30pほど、基部の鱗片は赤褐色など変異、2回羽状複葉、羽片は線状披針形、最下はね片の第1小羽片は小さい。小羽片は卵形から卵状長楕円形、葉先は丸く、基部は耳状になります。胞子蓑群(ソーラス)はやや片縁寄りにつき、包膜は全縁です。

近縁のベニシダとの違いは、新芽の鱗片がベニシダは赤褐色なのに対して白色であること、葉質が柔らかくないことだそうです。


関連記事(ハチジョウシダ(八丈羊歯)は現役組)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/73646388
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ