高山植物の魅力(103)/アカミノイヌツゲ(赤実犬黄楊)

ビーグル号の航海日誌 2013年08月27日 21:22

130706アカミノイヌツゲ果実@エコカフェ.JPG130706アカミノイヌツゲ花@エコカフェ.JPG北アルプス小日向山(標高1907m)の登山道脇の湿った場所でわずかに見られたアカミノイヌツゲ。ちょうど小さな花と赤い実を同時につけていました。恐らく山中の湿原や湿地に点々と自生しているのでしょうが。[2013年7月6日撮影:第16回自然観察会@阿部]

130706アカミノイヌツゲ@エコカフェ.JPGアカミノイヌツゲ(赤実犬黄楊、学名:Ilex sugerokii Maxim. var. brevipedunculata (Maxim.) S.Y.Hu)はモチノキ科モチノキ属の常緑低木。クロソヨゴの変種で日本固有種。分布は北海道、本州中部地方以北に限り、高山帯や亜高山帯の蛇紋岩帯や湿地などに自生。岡山県無毛山に隔離分布。樹高は1mから3mほど、枝はよく分枝、葉は密に互生し光沢のある革質で有柄。葉身2pから3pほどの長楕円形から長卵形、葉縁に僅かに低鋸歯、葉先は短く尖ります。花期は6月から月頃、雌雄異株、葉脇に雄花は数個、雌花は1個、白色の花を咲かせます。花は径約5o、花弁4枚、雌花は雄蕊4本が小さく退化、雄花は雌蕊柱頭1本が退化。果実は径約6o前後の球形の核果、秋に赤く熟します。

名前の由来は赤い実をつけるイヌツゲということです。似ているものに、黒色の果実をつけるハイイヌツゲ、つる状にのびるツルツゲがあります。岡山の隔離分布は、ミヤマハンノキと同じように氷河時代の生き残りであることを意味しています。ものすごいことなのです。

関連記事(高山植物の魅力(102)/ムラサキヤシオツツジ(紫八汐躑躅))⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/73469537
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ