ハチジョウシダ(八丈羊歯)は現役組

ビーグル号の航海日誌 2013年08月24日 20:53

100910ハチジョウシダ@エコカフェ.JPG小笠原諸島母島の最高峰乳房山(標高462.6m)へ登山途中に林縁でみたシダ植物。広域種のハチジョウシダです。小笠原諸島にはハチジョウシダが独自に進化をした小笠原固有種のオガサワラハチジョウシダが自生していましたね。ハチジョウシダは長い時間の中で何度となく島にたどり着いているのです。新しきものと古きものから何か学びとることができますか。[2010年9月10日撮影:第3回エコロジー・カフェの母島の自然を守る旅@山崎]

ハチジョウシダ(八丈羊歯、学名:Pteris fauriei Hieron.)はイノモトソウ科イノモトソウ属の常緑性シダ植物。分布は本州(伊豆諸島、紀伊半島以南)、四国、九州、南西諸島、国外では台湾、中国、インドシナなどに及び、海岸近くの山地の林下や林縁などに自生。草丈は1mほど、根茎は太く短く斜上し赤褐色の鱗片を伴います。葉は束生で光沢があり革質、葉身は葉柄より短く40cmほどの卵状三角形の奇数2回羽状複葉、羽片は3対から12対ほどです。羽片につく小羽片は細長い線形で全縁、先は鈍頭です。胞子蓑(ソーラス)は葉裏の縁につき、最下羽片の下向きの第一小羽片が極端に大きくなるのが特徴という。

エコカフェではこの9月に小笠原諸島父島と南島を訪ねることにしています。誕生してから一度も大陸と陸続きになったことのない大洋島である小笠原諸島の島々の植生や生態系と私たちの影響から学ぶことは多いようです。


関連記事(オガサワラハチジョウシダ(小笠原八丈羊歯))⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/73250485
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ