ツチイナゴ(土蝗)の生存戦略は

ビーグル号の航海日誌 2013年08月23日 23:16

101011ツチイナゴ@エコカフェ.JPG101011ツチイナゴ@エコカフェ(宮古島).JPG宮古島仁河取牧場は宮古馬の保護飼育活動をしている。エコカフェが名付親になっている「」と「キャーン」ものびのびと暮らしています。牧場といっても自然放牧に近く、雑草も自由に繁茂しています。そんな草叢は昆虫たちのワンダーランドでもあります。ここではツチイナゴを紹介しよう。[2012年10月11日撮影:宮古島エコツアー@阿部]

ツチイナゴ(土蝗、学名:Patanga japonica(Bolívar,I.,1898))はバッタ目イナゴ科のバッタ。分布は本州、四国、九州、南西諸島、国外では台湾、中国東部、インドに広く、クズやカナムグラなど食草とする背丈の高い草原に多く生息。成虫の体長はオス5p、メス6pほど、体型はトノサマバッタに似るが、全身が淡褐色で細毛が生えます。特に、背中に黄白色の線が頭部から尾部まで走り、複眼の下に黒線、胸部側面に黒い縦縞模様が入ります。成虫の出現期は10月から6月頃、夏季は幼虫であって、成虫のまま越冬。決して寒さに強いわけではないので日溜りを好んで活動するという。

多くのバッタ類は越冬は卵、夏を成虫で謳歌するのに、真逆のライフスタイルを取っているのはツチイナゴに特有の生存戦略の一つなのでしょう。同じような戦略を取るものに、クビキリギスやシブイロカヤキリなどが知られています。


関連記事(久高島、オキナワマツムシ(沖縄松虫))⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/73177400
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ