ノアサガオ(野朝顔)は一日花を

ビーグル号の航海日誌 2013年08月22日 17:02

120412ノアサガオエコカフェ(奄美大島).JPGノアサガオ、別名にリュウキュウアサガオ。一般の朝顔が一年生であるのに対して亜熱帯性の多年草であるため群落をつくりやすいようです。特に、海岸付近では我が物顔で一面を優先している場合が多いです。白い砂浜に緑色の葉と青紫色の花は印象的ですよね。花言葉は「はかない恋」「愛情の絆」だそうです。[2013年4月12日撮影:奄美大島自然体験ツアー@阿部]

ノアサガオ(野朝顔、学名:Ipomoea indica Pharbitis congesta)はヒルガオ科サツマイモ属(イポメア属)のつる性多年草。分布は伊豆半島、紀伊半島、四国、九州(南部)、南西諸島、国外では亜熱帯から熱帯地域に広く、海岸の草地や崖、低地の森林や藪、人里近くの道端などに自生。草丈は50pから150pほど、茎は地上を匍匐し、他のものに巻きつきながら伸び、時に10m超になります。葉は互生し、葉身5pから10pほどの心形で全縁、葉先は尖ります。葉の両面に毛が生えます。花期は6月から12月頃、枝先や葉脇に径約7pの漏斗状の花を数個咲かせます。一日花、淡青紫色で中心部が白っぽい、午後に紅紫色に変わり萎みます。花柄には苞葉2枚、花には先の尖った萼片5枚がつきます。

アサガオ(朝顔)自家受精、結実して増えるのに、ノアサガオは宿根性で自家受粉はせずに茎を伸ばして栄養繁殖(自己増殖)するという。花は一見、グンバイヒルガオに似ていますが、中心部が白っぽいことが異なります。これまでに同じ場所で両方の花を見たことはありませんよ。


関連記事(海浜植物、グンバイヒルガオ(軍配昼顔))⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/73044358
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ