宮古島の地下ダムに学ぶ

ビーグル号の航海日誌 2013年08月20日 19:51

101010福里ダム観察プール@エコカフェ.JPG宮古島は琉球列島の前弧に位置し、海底が隆起してできた島です。平坦で目立った山はなく、降った雨は地表を流れて海にたどり着くことはなく、蒸散するほかは表土のすぐ下に広がる透水性の赤色土島尻マージ(大野越粘土層)を通して琉球石灰岩層にほぼ吸い込まれてしまいます。今日では地下ダムに貯水した地下水を汲み上げ生活用水や灌漑用水に利用することができるようになり、島民の生活はずいぶん便利になったと聞きます。[2010年10月10日撮影:宮古島エコツアー@阿部]

101010地下ダム資料館@エコカフェ.JPG101010宮古島の地層案内板@エコカフェ.JPG宮古島の基盤は、上部層に透水性の島尻マージ、中間層の琉球石灰岩層や宮古トラバーチン(大理石)、下部層に不透水性の島尻泥岩層で広がっています。地層全体は、多数の断層が北西から南東方向に走り、断層により地層が大きく傾斜して地下谷を形成、地下谷は南東方向にゆるやかに下方傾斜しているという。従って、地下谷の低い所に海水の浸透を遮断するダム(コンクリート擁壁)を造ることで、地上に降り浸透した雨水を貯めることが可能となります。島内には地下ダムとして1998年に「福里ダム」や1993年に「砂川ダム」が建設され、島の厳しい水事情は一変し、生活用水が確保され、灌漑農業も可能となったのです。この地下ダムも梅雨と台風などの降雨が頼りです。今年のように雨が少ないと節約しなければならないようです。

古くから島民の生活は石灰岩断崖から滴り落ちる貴重な水を貯めた「ガー(共同井戸)」を聖地として、集落が形成され、共同で「ガー」を守ってきたようです。生きるためには、料理はもとより、家畜を飼ったり、洗濯をしたり、と水はとても大切だったのです。ぜひ施設見学をして島の形成史やガー(井戸)に頼った厳しい生活史を知り、「温故知新」の機会を得て欲しいと思います。


関連記事(命の泉、来間ガー)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
台風12号が先島諸島に襲来していますね。暴風雨は困りますが、地下ダムに雨水がたくさん供給されますね。
Posted by ミヤコヒキガエル at 2013年08月21日 07:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/72887664
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ