海浜植物、ネコノシタ(猫の舌)の姿を

ビーグル号の航海日誌 2013年08月19日 22:12

120901ネコノシタ@エコカフェ.JPG三宅島の海岸は溶岩岩礁や溶岩砂の只々真黒な砂浜だったりしています。ハワイや沖縄の石灰岩砂の真っ白な真砂とは「え、これが!」と驚くほど真逆の趣であります。海からの潮風はどこも気持ちの良いもので、足元にはハマボッスハマゴウ、ハマヒルガオ、岩場にはソナレムグラなど海浜植物が花を咲かせています。ここではネコノシタを紹介しましょう。[2012年9月2日撮影:第5回エコカフェみんなの森づくり@山崎]

120901ネコノシタ若果実@エコカフェ.JPG120901ネコノシタ蕾@エコカフェ.JPGネコノシタ(猫の舌、学名:Wedelia prostrata (Hook. et Arn.) Hemsl.)はキク科ハマグルマ属の多年草。分布は本州関東地方以西、四国、九州、南西諸島、小笠原諸島、国外では台湾、朝鮮半島、中国、タイ、ベトナムなどの暖帯から熱帯の海岸砂地に自生。草丈は10pから50pほど、茎は下向きの小棘があって蔓上に地を這い、節から根を下し、先が立ち上がります。葉は対生し厚く、葉身1.5pから4.5pほどの卵形から楕円形、葉縁に数個の荒鋸歯、葉先は鈍頭。葉両面に葉先方向に寝た剛毛が生えざらつきます。花期は7月から10月頃、分枝した茎頂に黄色い頭状花を1個咲かせます。頭状花は径2p前後、周囲に雄性の舌状花4枚から8枚、中央に両性の筒状花が多数つきます。果実は長さ4oほどの痩果、棘状の冠毛は1、2本か退化し、多くの海浜植物と同じように海流散布されます。

名前の由来は葉両面が猫の舌のようにざらつくことにあります。変種に葉が大きく、茎頂の頭状花が2、3個咲くものにオオハマグルマ、茎も葉も白い剛毛が被うクマノギク(ハマグルマとも)などがあります。


関連記事(久高島、キダチハマグルマ(木立浜車))⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


◎小笠原諸島母島の沖港近くの海岸でみたネコノシタ[2009年7月21日撮影:小笠原諸島・母島近海で観測する皆既日食ツアー@山崎]090721ネコノシタ・母島@エコカフェ.JPG

 よろしければ「ツアー報告書」をご覧ください⇒

 2013.8.28追記
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/72817147
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ