オキナワキョウチクトウ(沖縄夾竹桃)は海流散布を

ビーグル号の航海日誌 2013年08月17日 22:10

100812オキナワキョウチクトウ@エコカフェ.JPG八重山列島西表島の浦内川にある船着き場の近くで本土のキョウチクトウに似た白い風車のような花を見たことがあります。奄美大島の植物を調べているとき、遠い記憶から突然蘇りました。あの時の白い花はオキナワキョウチクトウでは、ミフクギ(目膨ら木)ともいうようだ。[2010年8月12日撮影:西表島@山崎]

オキナワキョウチクトウ(沖縄夾竹桃、学名:Cerbera manghas L.)はリンドウ目キョウチクトウ科ミフクギ属の常緑亜高木。分布は南西諸島奄美大島以南、国外では熱帯から亜熱帯のアジアに広く、海岸沿いの森林内に自生。樹高は5mから9mほど、樹皮は灰褐色、ヤドリフカノキのように枝先は緑色で柔らかです。葉は輪生状に互生し枝先に集生、葉身10cmから20cmほどの長楕円状披針形、全縁で鈍頭。葉厚で側脈が目立つ。花期は5月から11月頃、枝先に集散花序をだし、淡緑白色の径約5cmの基部が筒状で5弁に平開した花を咲かせます。果実は径5cmから8cmほどの球形の核果で枝先にぶら下がり、黒く熟すとやがて落下。海流散布し、運が良ければ新天地で子孫を残すことになります。

全体にアルカロイド配糖体であるケルベリンなどの毒成分を含み、樹液に触れた手で目をこすると腫れることから、「目膨ら木(ミフクギ)」と呼ばれるという。なるほど、本土のキョウチクトウも同様の毒成分が含まれ扱いが厄介でしたよね。


関連記事(キョウチクトウ(夾竹桃)も)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/72653031
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ