タイミンタチバナ(大明橘)は重硬

ビーグル号の航海日誌 2013年08月15日 21:15

130411タイミンタチバナ@エコカフェ奄美大島エコツアー_302s.jpg130411タイミンタチバナ葉@エコカフェ奄美大島エコツアー_151s.jpg奄美大島金作原の亜熱帯照葉樹林の深い森。次はタイミンタチバナです。小笠原で独自進化し尾根筋の乾燥に適応した小高木であるシマタイミンタチバナや分布域のより狭い矮性低木のマルバタイミンタチバナの近縁種と考えられています。[2013年4月11日撮影:奄美大島自然体験ツアー@阿部]

130411タイミンタチバナ@エコカフェ奄美大島エコツアー_303s.jpgタイミンタチバナ(大明橘、学名:Myrsine seguinii H.Lév.)はサクラソウ目ヤブコウジ科ツルマンリョウ属の常緑小高木。分布は本州房総半島以西、四国、九州、南西諸島、国外では中国、台湾、ベトナム、ミャンマーに及び、本州では太平洋側海岸近くや常緑広葉樹林内などに自生。樹高は5mから7mほど、樹皮は帯紫色の灰褐色でイボ状の皮目、材は重く硬い。葉は革質で光沢、葉身5pから12(大明橘pほどの倒披針形か線状長楕円形、全縁で葉先は鈍い頭。葉表は深緑色、葉裏は主脈(中肋)が目立ち淡緑色、どちらも無毛です。花期は3月から4月頃、雌雄異株。前年の葉脇から3個から10個の淡緑白色の小花を束生します。小花は、花柄が短く、径3oほどで花冠は5裂。雄花では雌蕊柱頭が退化、雌花は雄蕊5本が退化。果実は径6o前後の球形の核果、秋に黒紫色に熟します。

ツルマンリョウ属は世界に熱帯・亜熱帯を中心に145種、日本にはツルマンリョウなど4種が知られています。タイミンタチバナの葉は平行脈が不明瞭で打がキョウチクトウの葉に形が似ています。間違えないように。


関連記事(シマタイミンタチバナ(島大明橘))⇒
人気ブログランキングへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/72483404
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ