オオスカシバ(大透翅)の翅はナイナイ

ビーグル号の航海日誌 2013年08月14日 21:28

130804オオスカシバ@エコカフェ.JPG広尾にある山種美術館に生誕140年記念した「川合玉堂」の特別展を観に行った帰り、駒沢通り沿いの美術館近くの民家の植木鉢に植えられた花の蜜をけん命に吸っている飛行物体を発見。実にホバリングが上手い。調べるとスズメガの仲間のオオスカシバです。[2013年8月4日撮影:山種美術館@山崎]

オオスカシバ(大透翅、学名:Cephonodes hylas (Linnaeus))はチョウ目スズメガ科ホウジャク亜科オオスカシバ属の蛾。山種美術館@エコカフェ.JPG分布は本州関東地方以西、四国、九州、南西諸島、国外では中国、東南アジア、インド、スリランカに及び、クチナシのある森や公園などに生息。開帳は50mmから70mmほど、翅は透明、体色は淡鶯色、腹部に太い黒字に中央が赤色の横帯が入ります。出現時期は6月から9月頃、成虫は昼行性、いろんな花から吸蜜。幼虫は緑色の芋虫で体側に白と橙色の斑紋、クチナシの葉を食します。繭の中で蛹になり、越冬します。

オオスカシバは翅が透明なことからスズメバチに擬態しているという。この擬態により危険な昼間でも行動することが可能となったと考えられるのではないでしょうか。


関連記事(池間島で見た小さな訪問者、ホシホウジャク)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



タグ:広域種
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/72438854
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ