高山植物の魅力(101)/センジュガンピ(千手岩菲)

ビーグル号の航海日誌 2013年08月11日 22:46

090922センジュカンピ@エコカフェ(上高地).JPG上高地から梓川に沿って横尾まで伸びる登山道脇の林縁で見られた小さな可憐な花。雨粒に打たれた後でしっとりと濡れていました。本来は5弁なのですが1枚が脱落してしまったようです。花が終わりに近づいているところに雨粒で激しく打たれてしまったのでしょうか。[2009年9月22日撮影:上高地@山崎]

センジュガンピ(千手岩菲、学名:Lychnis gracillima (Rohrb.) Makino)はナデシコ目ナデシコ科センノウ属の多年草。日本固有種。分布は本州(中部地方以北)に限り、山地から亜高山帯の暗い湿った林縁や林下に自生。090922上高地@エコカフェ.JPG草丈は30cmから80cmほど、茎は細く倒れて他の植物に寄りかかり、葉は対生し茎を抱き、葉身は5cmから15cmほどの長披針形。葉表は無毛、葉裏は脈上に僅かに毛が生えます。花期は7月から8月頃、分枝した茎頂に集散花序をだし、白色の径約2pの5弁花を咲かせます。花弁は先端が浅くギザギザに切れ込みが入るのが特徴です。

名前の由来は日光千手ヶ浜で発見され、中国原産の岩菲に似ていることにあるそうです。健気な感じのする愛らしい花でもありました。


関連記事(高山植物の魅力(100)/ミヤマキスミレ(深山黄菫))⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


◎霊峰白山(標高2702m)の登山道脇でみた5弁花をつけるセンジュガンピ[2013年8月17日撮影:白山登山@中村敏之]130817センジュガンピ@エコカフェ.JPG130817センジュガンピ@エコカフェ(白山).JPG

 2014.1.16追記
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/72319865
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ