モンシロチョウ(紋白蝶)のお散歩

ビーグル号の航海日誌 2013年08月10日 22:07

130720モンシロチョウ@エコカフェ(棒ノ折山).JPG四国の石鎚山登山の足慣らしで登った奥秩父山塊東南端の棒ノ折山(標高969m)。登山口近くの林縁の地面を這うようにひらりひらり忙しく散歩する白い蝶。モンシロチョウです。時折り草葉にタッチしますが、一体何をしているのでしょう。[2013年7月20日撮影:棒ノ折山@阿部]

モンシロチョウ(紋白蝶、学名:Pieris rapae crucivora (Boisduval,1836))はチョウ目シロチョウ科シロチョウ族モンシロチョウ属の蝶。130720モンシロチョウ@エコカフェ.JPG日本産亜種。基亜種Pieris rapae (Linnaeus, 1758)はユーラシア大陸西部を原産地とし、日本には奈良時代に移入、20世紀には全世界に拡大。各地で形質変化し亜種を形成。日本産亜種としているのは分布域が国内に閉じているのか明確でないためでしょう。体長(前翅長)は約3p、前翅と後翅の前縁が灰黒色、前翅中央に灰黒色の2つの斑紋が入ります。翅に紫外線を当てるとメスの翅は白く、オスの翅は黒く見え、モンシロチョウは紫外線を感知できる眼を持っていると考えられていますカラスの眼も同じでしたね。出現時期は3月から10月頃、完全変態、地域差があるが平均年に4、5回。蛹で越冬。幼虫の食草はアブラナ科の植物(野菜)、成虫は花の蜜です。

近縁種に本来日本に生息していた在来アブラナ科植物を食草とするエゾスジグロシロチョウ、ヤマトスジグロシロチョウ、帰化アブラナ科植物を食草とする後から流入したスジグロシロチョウ、南方から移入し石垣島まで勢力を拡大しているクロテンシロチョウや迷蝶とされるチョウセンシロチョウなどが知られています。この世界も奥が深いですよ。


関連記事(ジャコウアゲハin大神島)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


タグ:棒ノ折山
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/72237504
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ