高山植物の魅力(93)/ニリンソウ(二輪草)

ビーグル号の航海日誌 2013年07月16日 22:49

130706ニリンソウ@エコカフェ(小日向山).JPG北アルプス小日向山(標高1907m)の登山道脇に広がる湿原や湿地にはミズバショウリュウキンカザゼンソウが咲き誇り、その周辺の草原や林縁にはコバイケソウサンカヨウなどが彩りを加えています。ニリンソウもそのひとつです。花言葉は「友情」、「協力」です。[2013年7月6日撮影:第16回自然観察会@阿部]

ニリンソウ(二輪草、学名:Anemone flaccida F. Schm.)はキンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。分布は北海道、本州、四国、九州、国外では東アジアに広く、山地の湿潤な林床などに自生。草丈は15cmから30cmほど、地下茎は太く短く横に這い、葉は根出葉と茎葉があります。130706ニリンソ花@エコカフェ(小日向山).JPG根生葉は数枚つき有長柄、心臓形で3全裂し側裂片はさらに2深裂(全部で5裂)、葉茎はトリカブトと異なり中空。茎葉は無柄で3枚が輪生し、3深裂し表面に白斑が入ります花期は3月から6月頃、1本の茎から花茎が2本伸び、各1輪の花を咲かせます。花は径約2cmの5弁花。果実は楕円形の痩果で毛が生えます。地下茎でも増殖ししばしば群落を形成します。

キンポウゲ科の植物は毒草が多いが、ニリンソウは毒成分が極めて弱いため根茎を漢方薬とするほか若葉を山菜として食するそうです。皮肉にもトリカブトの葉が似ているため、トリカブトの若葉の誤食による事故が起こったりしています。注意したいですね。


関連記事(高山植物の魅力(92)/ザゼンソウ(座禅草))⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/70988078
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ