ニガウリ(苦瓜)、ゴーヤ、ツルレイシとは

⇒寄港地だより 2013年07月15日 16:26

130714ゴーヤ果実@エコカフェ埼玉ミニ農園_8.jpg夏野菜の美味しい季節です。最近ではゴーヤをアサガオのように日除けのために窓際に植える家庭が増えているようです。食材にもなるわけですから一石二鳥ということなのでしょう。埼玉のエコカフェ・ミニ農園でも少しばかり無施肥無農薬で栽培しています。ニガウリもゴーヤもツルレイシも皆同じです。琉球では沖縄本島でゴーヤー、宮古島地方でゴーラー、八重山地方でゴーヤと呼びます。ナーベラ(へちま)とともに沖縄料理チャンプルーの定番になります。苦味成分モモルデシン、植物インスリン、共役リノレン酸、ビタミンCなどビタミン類、ミネラル成分が多く含まれるそうですよ。良いことづくめのようですね。[2013年7月14日撮影:エコカフェ・ミニ農園@山崎]

130714ゴーヤ花@エコカフェ埼玉ミニ農園_7.jpgツルレイシ(蔓茘枝、学名:Momordica charantia L.var. pavel Crantz)はウリ科ツルレイシ属のつる性多年草。日本では一年草。原産地は熱帯アジア、日本では南西諸島や南九州などで多く栽培、日当たりの良いやや酸性の土壌を好む。草丈は4mから5mほど、つるを辿って伸びます。果実は長さ20cmから50cmほどの細長い紡錘形、果皮には細かいイボ状の突起に覆われます。緑色から熟すと黄色になり、裂開し中から赤いゼリー状の仮種皮に覆われた種子が現れます。鳥散布します。

近年、農芸用のものはF1品種が多いため成熟した果実から種子を採取しても次の世代で生育する保証はないという。本来、遺伝子組み換えなどでなく野生に近いものを食するほうが健康には良いのではとの意見があります。さてさて....。


関連記事(糸満うまんちゅ市場見学)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/70947599
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ