夏野菜の美味しい季節に

⇒寄港地だより 2013年07月07日 16:05

130707埼玉ミニ農園@エコカフェ.JPG今日は七夕。関東甲信地方の梅雨明けは7月6日、昨日のことだ。
今日も朝から蒸し暑くぐんぐん気温が上がっている。
埼玉のエコカフェ・ミニ農園でも夏野菜が収穫できるようになっている。
無施肥無農薬で作っている野菜たちだ。もう20年近く、健康を考えそうしている。
その分、手間暇がかかっている。一番は雑草取りだ。
今年は梅雨の時期にあまり雨が降らず生育状況はいまひとつである。
それでも周囲の農家さんより豊作で一つひとつの出来栄えが小粒でもしっかりしている。
茄子(黒茄子、白茄子)、じゃがいも(男爵、メークイン)、玉葱、紫玉葱、トマトも上々ということだ。
これから熱い夏を乗り切るために必死に育ったビタミンやミネラル豊富な野菜たちを食べられる。
嬉しいことです。

エコカフェが協賛しているネネワン村でも田んぼは青々と輝き始めたそうです。


関連記事(無施肥無農薬の冬野菜を)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/70636089
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ