高山植物の魅力(82)、ミヤマトリカブト(深山鳥兜)

ビーグル号の航海日誌 2013年07月02日 15:29

120816ミヤマトリカブト@エコカフェ(木曽駒ヶ岳).JPG中央アルプス木曽山脈の主峰である木曽駒ケ岳(標高2956m)は日本百名山のひとつ。標高を重ねるに従いコメツガ、シラビソ、ダケカンバの深い針葉樹林帯が展開し、森林限界では風雪に耐えるハイマツが広がっています。氷河の痕跡を示すカールなどでは高山植物が咲き乱れ、見応えは十分です。ここではミヤマトリカブトを紹介します。[2012年8月16日撮影:木曽駒ケ岳@中村敏之]

ミヤマトリカブト(深山鳥兜、学名:Aconitum nipponicum Nakai)はキンポウゲ科トリカブト属の多年草。日本固有種。分布は本州東北地方から中部地方にかけての日本海側に及び、亜高山帯から高山の草地に自生。草丈は30cmから100pほど、良く分枝し茎上部に曲毛が密生。葉は葉身6cmから12cmほどの心円形、5深裂し裂片はさらに細く切れ込みます。葉両面の用脈状に曲毛が生えます。花期は8月から9月頃、枝分かれした枝先の葉腋から総状花序をだし、青紫色の花を幾つも咲かせます。花の外側や花柄にも曲毛が生えます。果実は袋果。全草にもれなくアルカロイド系の猛毒成分を含みます。

石川県の白山に多く見られることから、別名にハクサントリカブト(白山鳥兜)ともいうそうです。似ているものにヤチトリカブト(谷地鳥兜)があり、直毛であるころが異なる点だそうです。


関連記事(高山植物の魅力(81)、ツマメオモト(燕万年青))⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/70337952
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ