オオニジュウヤホシテントウ(大二十八星天道虫)とは

ビーグル号の航海日誌 2013年06月17日 22:39

080615オオニジュウヤボシテントウ@エコカフェ芋掘りと梅酒 020.jpg茨城県石岡市で「芋掘りと梅酒造り体験」に参加したときの写真です。ジャガイモの葉っぱに何やら気持ち悪い虫がついていました。何だろうとそのままにしていましたが、オオニジュウヤホシテントウの幼虫だと教えていただきました。[2008年6月15日撮影:石岡市@阿部]

オオニジュウヤホシテントウ(大二十八星天道虫、学名:Epilachna vigintioctomaculata Motschulsky)はテントウムシ科マダラテントウ亜科の北方系の天道虫。分布は北海道、本州、四国、九州、国外では沿海州に及び、関東地方以西では比較的高地の畑地などに棲息。成虫の体長は8mmほど、鞘翅の左右に合計28個の黒点、前胸背板の斑紋が縦長の剣状(似ているニジュウヤホシテントウは星が小さく、斑紋が横長で異なります)。幼虫は黄色で体節ごとに黒い刺をもつ。新成虫の発生時期は6月下旬から7月中旬頃、成虫で越冬し、5月頃に産卵、孵化し完全変態して成虫。盛夏の頃は比較的涼しいところに移動し、9月頃に再び戻ってくるという。アキアカネみたいですね。

この仲間にはニジュウヤホシテントウのほかにルイヨウマダラテントウがいて、成虫で越冬、いずれも草食でジャガイモナス、トマト、ピーマンなどナス科植物の葉を食べることから害虫扱いされます。


関連記事(そなたはカメノコテントウ(亀子瓢虫))⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


タグ:広域種
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/69575692
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ