ヤマハッカ(山薄荷)の小さな花に

ビーグル号の航海日誌 2013年06月05日 07:19

130505ヤマハッカ@エコカフェ.JPG「しろがねの森」路傍の植物コーナーの草木層を構成する樹種のひとつにヤマハッカが植栽されています。花が可愛いので覚えやすいですね。[2013年5月5日撮影:国立科学博物館附属自然教育園@山崎]

ヤマハッカ(山薄荷、学名:Rabdosia inflexa (Thunb.) Hara)はシソ科ヤマハッカ属の多年草(ときに低木)。分布は北海道、本州、四国、九州、国外では朝鮮半島、中国に及び、暖温帯から冷温対の里山の林縁や草原などに自生。草丈は40pから80cmほど、木質化した塊状の地下茎をもち、茎は断面が四角形でよく分枝します。葉は対生し有柄で翼をもち、葉身3cmから6cmほどの卵形で葉縁に鋸歯、葉先は尖ります。葉表には毛が散在、葉裏の脈上にも毛が生えます。花期は8月から10月頃、枝先に花序を伸ばし青紫色の花をたくさん咲かせます。花は筒状で長さ8mm前後、花冠が上下に二唇、上唇は立ち上がり4裂、濃青紫色の斑紋が入り、下唇は前に突出します。雄蕊4本のうち2本が長い。果実は卵形の分果です。

ヤマハッカの仲間は東南アジア、東アジアを中心に世界で約150種、日本には7種が知られています。種の間の雑種も多いそうですですが、どこからどこまでが自然交雑種であって、独立種なのか不思議ですよね。草花教室では、種を残すための構造、生殖器官のつくりの違いによるのが基本だと学んだことがあります。


関連記事(セキヤノアキチョウジ(関屋の秋丁字))⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68854796
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ