アワブキ(泡吹)の不思議さ

ビーグル号の航海日誌 2013年06月04日 22:51

130505アワブキ@エコカフェ.JPG「しろがねの森」路傍の植物コーナーの亜高木層を構成する樹種のひとつにアワブキがあります。名前の由来はこの木の枝を燃やすと切り口からさかんに泡がでることにあるという。水分が多いようです。[2013年5月5日撮影:国立科学博物館附属自然教育園@山崎]

アワブキ(泡吹、学名:Meliosma Myriantha Sieb. et. Zucc.)はアワブキ科アワブキ属の南方系の小高木。分布は本州、四国、九州、朝鮮半島に及び、丘陵から山地に広く自生。130505アワブキ樹皮@エコカフェ.JPG樹高は10mほど、樹皮は帯紫暗灰色で小さな皮目が目立ち、若枝は褐色です。葉は互生し薄く、葉身10cmから25cmほどの倒卵状楕円形か長楕円形で葉縁に浅鋸歯、葉先は尖ります。葉表は濃緑色で平行脈が目立ち、葉裏は淡緑色で脈上に褐色毛が生えます。花期は6月頃、本年枝先の葉腋から最大長25cmもの大きな円錐花序をのばし、淡黄白色の5弁花をたくさん咲かせます。小花は雄蕊5本のうち内側の2本が完全です。果実は径約5mmの球形の核果で秋に赤く熟します。種子は鳥散布します。

アワブキ属はアジアやアフリカの熱帯を中心に約50種、日本にはアワブキのほかにアオキカズラなどが知られています。材は水分が多く狂いを生じ易いのであまり役に立たないようです。


関連記事(サンゴジュ(珊瑚樹)は照葉樹林を)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


◎つくば植物園の森の林縁でみたアワブキの花[2011年6月11日撮影:第46回草花教室@阿部]110611アワブキ@エコカフェ.JPG

 2013.7.3追記
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68846631
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ