シマナガバヤブマオ(島長葉藪苧麻)も雌花ばかり

ビーグル号の航海日誌 2013年06月02日 22:15

120902シマナガバヤブマオ花序@エコカフェ.JPGヤブマオの仲間には変異が多いことは前に説明したとおりです。ここでは三宅島の森の小さな谷筋で出会ったシマナガバヤブマオを紹介しよう。[2012年9月2日撮影:第5回エコカフェみんなの森づくり@阿部]

シマナガバヤブマオ(島長葉藪苧麻、学名:Boehmeria egregia Satake)はイラクサ科カラムシ属の多年草。ナガバヤブマオの海岸型で伊豆諸島固有亜種。分布は伊豆諸島と千葉県に限り、やや湿り気のある林縁や道端などに自生。草丈は1mほど、葉は対生し厚く、長楕円形で葉縁に細鋸歯、葉先は尾状に尖ります。120902シマナガバヤブマオ@エコカフェ.JPG葉脈がラセイタソウほどではないが凹んでいるのが特徴です。花期は8月から9月頃、雌雄異花、葉腋から雌花序を穂状に伸ばしたくさんの雌花を咲かせます。

雄花序はほとんど見られないというから、ゲノムは3倍体で無性生殖で増殖するのでしょう。雄花に生じ有性生殖する中でこの仲間は変異を生じるのでしょう。三宅島ではこの植物の茎から皮を剥いで糸を紡ぎ「ものし織」という布をつくったそうです。

関連記事(メヤブマオ(姫藪苧麻)は多兄弟)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68745561
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ