ミツデカエデ(三手楓)は深緑に萌え

ビーグル号の航海日誌 2013年06月01日 15:39

130505ミツカエデ@エコカフェ .JPG「しろがねの森」のかっての谷戸の終点にあたる「ひょうたん池」の畔にミツデカエデの木があります。紅葉を愛でるために植えたものでしょう。葉が3出複葉でメグスリノキと同じです。果実を見れば一目瞭然カエデの仲間と分かるのですが花も果実もないと見分けにくいですね。[2013年5月5日撮影:国立科学博物館附属自然教育園@山崎]

ミツデカエデ(三手楓、学名:Acer cissifolium (Siebold et Zucc.) K.Koch)はムクロジ目カエデ科カエテ属の落葉高木。日本固有種。130505ミツカエデ樹皮@エコカフェ.JPG分布は北海道南部、本州、四国、九州に及び、暖温帯上部から冷温帯下部の山地の湿気のある肥沃な場所などに自生。樹高は20mほど、樹皮は灰褐色で平滑、小枝は細く紫褐色です。葉は対生し、3出複葉、小葉は長楕円形から卵状楕円形、葉縁の粗鋸歯(変異が多い)、葉先は尾状に尖ります。花期は4月から5月頃、雌雄異株、前年枝の上部に総状花序をだし、黄色い小花をたくさん咲かせます。小花は萼片・花弁とも4枚、雄蕊4本。雌花では雄蕊がない。果実は翼果で夏から秋に熟し、風散布します。

ミツデカエデの果実は果序にたわわと実るとそうです。花期であるにもかかわらず、出会った個体には蕾や花を確認することができませんでした。こんどぜひ機会をつくり観察したいものです。


関連記事(チドリノキ(千鳥木)は孤高の人)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68689284
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ