ヤブマオ(藪苧麻)はいつから

ビーグル号の航海日誌 2013年05月30日 20:52

130505ヤブマオ@エコカフェ.JPG「しろがねの森」路傍の植物コーナーの林床は実にさまざまな草本植物を見ることができます。カラムシの近縁であるヤブマオもそのひとつです。古くは繊維から糸を紡いで布を織ったといいます。「マオ」とは「カラムシ」の別称だそうです。[[2013年5月5日撮影:国立科学博物館附属自然教育園@山崎]

ヤブマオ(藪苧麻、学名:Boehmeria japonica (L.f.) Miq.)はバラ目イラクサ科カラムシ属の多年草。分布は北海道、本州、四国、九州、国外では中国、台湾に及び、山地から人里まで至る所で普通に自生。草丈は80cmから100pほどで茎は直立分枝しない。葉は対生し厚くざらつき、葉身10cmから15cmほどの卵状長楕円形で葉縁に鋸歯、(ときに重鋸歯)、葉先ほど粗く、葉先端は尾状に尖ります。葉裏の主脈に短毛が密生します。花期は8月から10月頃、茎上部の葉腋から雌花序、茎下部の葉腋から雄花序、を穂状につけます。花は淡緑色で小さく目立たないようです。

配偶子の染色体は3倍体であり、雄花をつけない個体も多く、無性生殖によって種子を生産して増殖するといいます。


関連記事(里山の不思議はシャガたち)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


◎伊豆半島城ヶ崎海岸の散策で城ヶ崎ピクニカルコースの林縁でよく見かけるヤブマオ[2013年6月8日撮影:城ヶ崎海岸@山崎]
130608ヤブマオ@エコカフェ.JPG130608ヤブマオ@エコカフェ (2).JPG
 2014.2.22追記






◎国立科学博物館附属自然教育園内の路傍植物コーナーに植栽展示されているヤブマオ[2014年5月4日撮影:自然教育園@山崎]
140504路傍植物園@エコカフェ.JPG140504ヤブマオ新芽@エコカフェ.JPG
 2014.5.11追記






◎国立科学博物館附属自然教育園内の路傍の植物コーナーでみた果実をつけるヤブマオ[2014年11月30日撮影:自然教育園@山崎]
141130ヤブマオ@エコカフェ.JPG141130ヤブマオA@エコカフェ.JPG
 2014.12.7追記
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68621084
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ