スギ(杉)は暮らしに役立ってきたが

ビーグル号の航海日誌 2013年05月18日 15:33

090906たこ杉根@エコカフェ(高尾山).JPG風が心地よいです。花粉症の季節も過ぎ去ってゆきました。低山の森も深緑が真っ盛りになって散策が楽しい季節でもあります。常緑針葉樹の代表格であるスギは私たちの暮らしを支えてきました。少なくとも鉄筋コンクリート建物が普及する前には幅広く活用されてきました。角材、板材、曲材などの建築材、屋根ふき材、樽や割箸、工芸品、葉を線香など様々な用途です。そのため造林事業も盛んでした。今は昔です。[2009年9月6日撮影たこ杉、3号路大木:高尾山@山崎]

090906杉の大木@エコカフェ.JPGスギ(杉、学名:Cryptomeria japonica (Thunb. ex L.f.) D.Don)はヒノキ科スギ属の常緑針葉樹。日本固有種、IUCNレッドリストで準絶滅危惧(NT)に指定、野生のものは希少であるということだ。分布は本州、四国、九州に及び、冷温帯下部から暖温帯上部にかけての沢沿いなどの水条件の良い肥沃な場所に自生。私たちが多く目にするものは人の手により植林された二次林。樹高は40m超、樹幹は直立し、樹皮は褐色で縦裂し帯状に剥離します。葉は基部が枝に合着した針状で、触ると痛いです。(豪雪地帯に自生する裏杉と呼ばれるものは葉先が一様に下を向き痛くありません。)花期は2月から4月頃、雌雄異花、枝先に雄花は長径約5oの楕円形の雄花が密生します。雌花は球形で鱗片が密着し表面に防御のための棘が生えます。昆虫が出現する前の形態を維持する風媒花であって、大量の花粉をまき散らします。根には糸状菌の一種であるアーバスキュラー菌根菌を共生させます。

鳳来寺参道の途中に日本一のっぽの傘杉があります。なんと樹高は約60mだそうです。佐渡島、芦生原生林で観察した裏杉や屋久島で観察した1000年超生き抜く屋久杉は私たちにいろんなことを気づかせてくれますよ。


関連記事(大佐渡石名天然杉の巨樹の森に)⇒
関連記事(アシウスギの生命力)⇒
関連記事(屋久杉の巨木化の謎に)⇒
関連記事(鳳来寺山の紅葉と)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


◎奥多摩山域にある川苔山(標高1363m)への登山道(往路)に展開するスギ二次林[2010年6月19日撮影:川苔山@山崎]100619スギ二次林@エコカフェ.JPG100619スギ二次林の中を@エコカフェ.JPG

 2013.8.4追記





◎山梨大月の岩殿山(標高634m)から下山途中にみた球果をつけるスギ[2013年12月7日撮影:第18回自然観察会@阿部]131207スギ葉@エコカフェ.JPG131207スギ果球@エコカフェ.JPG

 球果は径3pから4pほどです。

 2013.12.7追記


◎秩父山塊の東南の端に位置する棒ノ折山(標高969m)山中登山道脇に広がるスギ二次林[2013年7月20日撮影:棒ノ折山視察@山崎]
130720スギ二次林の中の登山道@エコカフェ.JPG130720倒木のあるスギ二次林@エコカフェ.JPG
 2014.2.17追記






◎千葉市大草谷津田の田んぼ周辺に広がる雪害を受けたスギ二次林[2014年3月16日撮影:第19回自然観察会@山崎]
140316雪被害の説明@エコカフェ.JPG 
 指導員の山岸さんの説明では、昔は、杉の葉を脱穀機の隙間に入れ鼡よけにしたり、幹を鯉幟の棒にしたり、造り酒屋の軒先に搾り始めを告げる酒林(杉玉とも)を下げ酒神様に感謝を捧げたそうです。葉からは線香もつくられます。スギには、4-テルピネオール、リモネン、α-ピネン、サビネンなど100種もの精油成分が含まれるそうです。
 2014.3.21追記
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/67889673
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ