花盛りのクリ(栗)の大木を

ビーグル号の航海日誌 2013年05月15日 21:10

130512クリ花@エコカフェ.jpg先週末に浜離宮恩賜庭園を草花教室の事前視察も兼ねて散策しました。江戸時代に造営された潮入りの回遊式築山泉水庭園だそうです。トベラタブノキスダジイクロマツなどの典型的な海岸性の照葉樹林があるほか、イロハモミジケヤキ、クリなどの落葉広葉樹も植栽されています。ここではクリ、別名にヤマグリ(山栗)、シバグリ(柴栗)を紹介します。[2013年5月12日撮影:浜離宮恩賜庭園@阿部]

クリ(栗、学名:Castanea crenata Sieb. et Zucc.)はブナ科クリ属の落葉高木。130512クリ@エコカフェ.jpg分布は北海道南西部、本州、四国、九州、国外では朝鮮半島南部に及び、里山の冷温帯下部から暖温帯にかけて自生。樹高は15mから20mほど、樹皮は灰色で縦裂(若木では平滑)、葉は互生し有柄、葉身7pから17cmほどの長楕円形か長楕円状披針形、葉縁に鋭鋸歯がつき葉先は芒状に尖ります。葉表は緑色で光沢があり、葉裏は淡緑色、葉脈と平行の側脈が目立ちます。葉はクヌギの葉に似ているが葉先まで葉緑素があります花期は5月から6月頃、雌雄異花、雄花は長さ約20pの尾状花序に多数、雌花は雄花序の根元に1個咲かせます。果実は径約8pの毬果(毬状の殻斗に1個から3個の堅果が入っている)で秋に裂開します。

クリの花の形態は風媒花ですが、スペルミンを成分とする強い特有な芳香を周囲に放ち、昆虫を呼び寄せます。確実に受粉するために虫媒花に進化していると考えられます。


関連記事(クヌギ(櫟、椚、橡)のシャワー)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


◎茨城県石岡市で芋掘りと梅酒づくりをした時に見たクリの雄花[2008年6月15日撮影:石岡市@阿部]080615クリ雄花@エコカフェ.jpg080615クリ雄花序@エコカフェ.jpg

 2013.6.2追記






◎山梨県岩殿山(標高634m)山中で拾ったシバグリ(ヤマグリとも)の果実[2007年9月24日撮影:岩殿山@山崎]070924岩殿山 眼下@エコカフェ.jpg070924シバグリ果実@エコカフェ(岩殿山).jpg

 栽培品種のものより果実は小さいです。

 2013.9.22追記


◎奥武蔵の伊豆ヶ岳(標高851m)へ登る途中で見た果実をつけるヤマグリ[2009年9月26日撮影:第5回自然観察会@阿部]
090926山栗@エコカフェ.JPG
 2014.4.8追記






京都大学フィールド科学教育研究センター附属芦生研究林内でみたヤマグリ雌花[2011年7月28日撮影:芦生公開講座2011「今,森から考える−森のめぐみ−」@阿部]
110722ヤマグリ葉@エコカフェ(芦生公開講座) 150.jpg110722ヤマグリ雌花@エコカフェ(芦生公開講座) 151.jpg
 2014.7.5追記
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/67632703
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ