アラハシラガゴケ(粗葉白髪苔)は

⇒エコツアー 2013年05月12日 22:59

130411アラハシラガゴケ@エコカフェ奄美大島エコツアー_192_s.jpg奄美大島の金作原原生林のやや乾きぎみの林床でシラガゴケらしき苔をところどころで見かけました。調べてみると茎に中心束が認められることからアラハシラガゴケのようです。雨が直接激しく当たらない湿度の安定する大木の根元近くなどなどでパッチをつくっているようです。見ごたえがあります。[2013年4月12日撮影:奄美大島自然体験ツアー@阿部]

アラハシラガゴケ(粗葉白髪苔、学名:Leucobryum bouringerii Mitt.)はシラガゴケ科シラガゴケ属の蘚類。130411アラハシラガゴケ@エコカフェ奄美大島エコツアー_348_s.jpg分布は本州、四国、九州、南西諸島、国外では、東南アジアに広く、山地の岩上、倒木上、腐木上などに自生。草丈は2pから3pほど、茎に中心束があり、葉身10oほどの披針形、葉先の方向は不揃いで尖ります。葉は絹のような光沢があり、湿ると緑になり、乾くと白銀色になるそうです。


名前の由来は葉が乾燥すると翁の白髭のように見えることにあるという。参考までに、似ているホソバオキナゴケは茎に中心束がなく、葉身4oでやや太く、葉先は乾燥しても揃うそうです。日本に自生するこの仲間は、ほかにシラガゴケ、オオシラガゴケ、シロシラガゴケ、ジャバシラガゴケなどがあるそうです。


関連記事(ムニンシラガゴケ(無人白髪苔)のパッチ)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


◎京都大学フィールド科学教育研究センターの芦生研究林内杉尾峠近くで見たアラハシラガゴケ[20122年7月23日撮影:芦生公開講座2011@山崎]
110722学習中@エコカフェ.JPG110723アラハシラガゴケ@エコカフェ(芦生研究林).JPG

 2014.2.13追記
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/67232440
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ