海浜植物、オオバイボタ(大葉水蝋)は半常緑性

ビーグル号の航海日誌 2013年05月11日 23:49

130505オオバイボタ@エコカフェ.JPG「しろがねの森」路傍の植物コーナーには武蔵野の雑木林が上手く再現されているそうです。オオバイボタはマルバウツギコゴメウツギ、ヤマアジサイなどとともに低木層を構成し、海浜植物とされています。[2013年5月5日撮影:国立科学博物館附属自然教育園@山崎]

オオバイボタ(大葉水蝋、学名:Ligustrum ovalifolium Hassk.)はモクセイ科イボタノキ属の半常緑低木(半落葉低木とも)。130505オオバイボタ樹幹@エコカフェ.JPG分布は本州関東以西、四国、九州、朝鮮半島に及び、温暖な海岸近くに自生。樹高は2mから6mほど、樹幹は直立しよく分枝、樹皮は灰褐色でやや横長の皮目が目立ちます。葉は対生しやや厚く光沢があり、葉身4pから10pほどの広卵形(実際は変異が大きく内陸生のものほど細い)、全縁で葉先はやや尖ります。葉表は濃緑色、葉裏は淡緑色、主脈と側脈とも目立ちます。花期は6月から7月頃、枝先に円錐花序をだし、たくさんの白色の小花を咲かせます。小花は長さ約8oの漏斗形、花冠は4裂し先は尖り、雄蕊2本は長く、雌蕊1本は短い。果実は長径約9oの卵形の核果で冬に紫黒色に熟します。同じ仲間のネズミモチやトウネズミモチの果実に似ているんですね。

名前の由来はイボタノキに似ていて葉が大きいことにあります。なお、イボタとはイボトリ(疣取り)の転訛、イボタノキに寄生するイボタロウカイガラムシが分泌する水蝋を用いて皮膚にできた疣をとったことによるらしいです。


関連記事(ハチジョウイボタ(八丈水蝋)の花は)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


◎伊豆半島城ヶ崎海岸の海岸性照葉樹林の林縁で見たオオバイボタ[2013年6月8日撮影:城ヶ崎海岸@山崎]
130608城ヶ崎@山崎.JPG130608オオバイボタ@エコカフェ.JPG
 2014.11.6追記
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/67144616
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ