ナツノハナワラビ(夏の花蕨)は珍奇

ビーグル号の航海日誌 2013年05月09日 19:55

130505ナツノハナワラビ@エコカフェ.JPG自然教育園のひょうたん池に続く湿地の近くでもシダ植物が散在と思いきや。よく見ると箒の穂のような胞子葉が共通柄(担葉体)から真っすぐのびていることからナツノハナワラビと分かります。シダ植物の中では珍奇と考えられます。[2013年5月5日撮影:国立科学博物館附属自然教育園@山崎]

ナツノハナワラビ(夏の花蕨、学名:Botrychium virginianum (L.) Sw.)はハナヤスリ科ハナワラビ属の夏緑性の。分布は北海道、本州、四国、九州、国外では朝鮮半島、中国、インド、ヒマラヤ、シベリヤ、ヨーロッパ、北アメリカと広く、低山の林内の日影の湿った場所などに自生。草丈は30cmから60cmほど、春芽生え秋に枯れ、一本の茎が立ち上がり輪生する無柄の栄養葉の基部から胞子葉が分かれ、基部から下の茎部分を担葉体(共通柄)といって長さは草丈の半分位です。栄養葉は3回羽状複葉、羽片は有柄で狭い翼がつき、羽片は粗鋸歯があります。胞子葉は長い柄を直立させ先に全体として円錐穂状の3回羽状の葉状枝を出し、葉状枝の左右に胞子蓑をつけるという。胞子は6月頃に熟します。

ハナヤスリの仲間は世界に3属70種、日本では3属22種、ハナワラビ属は冬緑性のフユノハナワラビとオオハナワラビ、常緑性のエゾフユノハナワラビ、栄養葉に葉柄がないナガホノナツノハナワラビ13種が知られているそうです。


関連記事(ホシダ(穂羊歯)は仲良き隣人)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/66938939
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ