古代植物、マツバラン(松葉蘭)

⇒エコツアー 2013年05月04日 19:46

130411マツバラン@エコカフェ奄美大島エコツアー_220_s.jpg奄美大島の金作原原生林で珍しいシダ植物を観察しました。古代植物のマツバラン、江戸時代には各大名がこぞって池泉回遊式庭園づくりとともに愛でた逸品です。松の葉に似ていていつも青々としていて縁起が良いということでしょう。エコカフェでも小笠原の森で稀に見たことがあるが、他の地域で樹幹に着生しているところを見るのは初めてでした。ちなみに宿主は渓流近くにあったヒカゲヘゴで樹幹を覆う気根をうまく利用していますね。[2013年4月12日撮影:奄美大島自然体験ツアー@阿部]

130411マツバラン@エコカフェ奄美大島エコツアー_218.jpgマツバラン(松葉蘭、学名:Psilotum nudum (L.) Griseb)はマツバラン目マツバラン科マツバラン属の常緑性シダ植物。環境省レッドリストで準絶滅危惧(NT)。分布は本州中部地方以南、四国、九州、南西諸島、国外では熱帯地域に広く、樹上や岩上などに溜まった腐植などに着生。草丈(茎丈)は30pほど、胞子体の茎は二叉し、細い枝には稜があり所どころに突起ができます。胞子体の地下部分は髪の毛のような仮根がたくさん生え、仮根には菌根菌が共生します。ソーラス(胞子嚢群)は分枝した先端部の枝のありこちにつき、熟すと黄色くなり、破れ胞子が放出されます。胞子は腐食物中で発芽し、配偶体になり、菌根菌から栄養をもらって造卵器と造精器を生じます。各器官で造られた卵と精子が受精することで地上部を持つ胞子体が誕生し、成長して光合成をするようになります

マツバランの仲間は1属2種しか存在せず、葉も根もない原始的な形態を維持しているシダ植物なのです。このブログでも原始的な形態を維持しているシダ植物として他にイワヒバヒバゴケヒカゲノカズラを紹介しましたが、何とも不思議ですね。


関連記事(古代植物、ヒカゲノカズラ(日陰の葛))⇒

◎小石川植物園の温室に保護展示しているマツバラン[2012年9月22日撮影:小石川植物園@山崎]120922マツバラン@エコカフェ.JPG

 2013.11.26追記
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/66465411
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ