人と自然のきずな〜森里海連環学へのいざない〜

⇒シンポジウムetc 2013年05月02日 11:17

京都大学・日本財団共催シンポジウム

タイトル:人と自然のきずな〜森里海連環学へのいざない〜
IMG_7621.JPG
日本列島に降った雨は森をはぐくみ、里を潤し、豊かな海の生産を支えます。このような水を通した森、川、海のつながり、そして人とのつながりは、決して一方通行ではなく相互に関係するものです。近年、森林や河川、沿岸、海洋などの生態系が劣化してきた原因として、これら生態系のつながりがなくなってきたことがあげられます。京都大学は、そのつながりを科学的に明らかにし、人と自然の関わり方を考え直すための新しい学問として「森里海連環学」を提唱しています。また、日本財団との共同事業として「森里海連環学教育ユニット」を設立しました。このユニットでは、2013年度から5年間、京都大学大学院生を対象とした「森里海連環学教育プログラム」を開講し、森里海連環学にもとづく持続可能な社会づくりを国際的な舞台で実行できる優秀な人材を育てることを目指します。この機会に、京都大学と日本財団が進めてきた森里海連環学の成果をふりかえり、フィールド(現場)に密着したさまざまな調査研究を通じて、今後どのように研究を発展させていくか、また、人材育成にどのように貢献できるかを参加者とともに考えます。

会場:日本財団ビル2F大会議室(〒107−8404 東京都港区赤坂1丁目2番2号)

開催時期:2013年6月29日(土)

プログラム:
11:00〜13:00 パネル展示・立会い(1Fロビー)(パネル展示は17:30まで継続)
13:00〜13:05 開会のあいさつ・・・・・・・・・・・・・・・・・・日本財団常務理事 海野光行
13:05〜13:20 森里海連環学とはなにか・・・・・・・・・・ 京都大学フィールド研教授 山下 洋
13:20〜14:10 基調講演 ふるさと見分け・ふるさと磨きの空間学
・・・・・・・・・・・・・ ・東京工業大学大学院社会理工学研究科 桑子敏雄
14:10〜14:20 (休憩)
14:20〜15:50 森里海連環学へのいざない
14:20〜14:50 森、里、海の向こうに・・・・・・・・・・京都大学フィールド研教授 吉岡崇仁
14:50〜15:20 魚を調べ、沿岸域を知る・・・・・・・東北大学大学院農学研究科教授 片山知史
15:20〜15:50 連環をひろげる公共政策・・ ・京都大学大学院人間・環境学研究科教授 浅野耕太
15:50〜16:00 (休憩)
16:00〜17:20
パネルディスカッション 森里海連環学にもとづく環境づくり人づくり
コーディネーター:京都大学森里海連環学教育ユニット 吉積巳貴
パネリスト:NPO法人森は海の恋人 畠山 信
舞鶴市市民,環境!みる・きく・考える会 青海典子
電力中央研究所 鈴木健太郎
京都大学森里海連環学教育ユニット 向井 宏
17:20〜17:30 閉会挨拶・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・向井 宏

申込 E-mail:renkan1@kais.kyoto-u.ac.jp 
Fax:075-753-2263(お名前と連絡先を明記下さい)
定員 先着200名(無料)


エコカフェは、パネル展示の予定。


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
森里海連環学へのいざない、大変わくわくします。参加させて頂きたく思っております。
東北の大槌では、森からの栄養分が、地下水にしみこみ、自噴の井戸となって、人の生活に溶け込み、また、海底からも湧き出て、海を豊かにしています。この循環のおかげで里海とも言える豊かな海になっています。こんな実験もあります。

http://www.town.otsuchi.iwate.jp/docs/2013050100062/
Posted by 小西 晴子 at 2013年05月08日 07:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/66174173
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ